トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーの説明【通販クイーンk】

トリキュラーは、ドイツのバイエル社が開発した経口避妊薬です。低用量ピルの中でも特に人気が高く、日本では多くの婦人科・産婦人科で処方されています。低用量ピルは、黄体ホルモンの種類によって第1世代から第4世代に分類され、トリキュラー21は第2世代にあたります。ホルモンの均等化により副作用の発現リスクが低いという利点があります。

女性の体内では毎月、卵胞が成長し、その卵胞が成熟すると排卵が起こります。排卵された卵子は精子と受精し、妊娠に至ります。卵胞は性腺刺激ホルモンによって成熟すると考えられています。性腺刺激ホルモンは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンから分泌されると考えられています。トリキュラー21は、低用量ピルと呼ばれる少量のエストロゲンとプロゲステロンを含有する女性ホルモン製剤です。女性が自分で月経や妊娠をコントロールし、他人に頼ることなく手軽にできる経口避妊薬です。正しく服用した場合の避妊率は約100%と、驚くべき避妊効果を発揮します。

トリキュラーは、体内の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量を同じように増やし、妊娠を間に合わせるように調節します。その効果は、脳と体を妊娠していると誤解させることで、排卵、受精、合胞体での妊娠クラスを抑制します。バイエル社のトリキュラーは、日本で最も処方されている標準的な経口避妊薬です。有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが、排卵を抑制することで避妊力を発揮します。トリキュラーの避妊効果は、服用後1週間で発揮されます。服用を続ければ妊娠を防ぐことができますが、服用を中止すれば避妊効果はなくなります。

トリキュラーの避妊確率は99%です。臨床試験における服用試験の結果、924例no15周期(13,862間隔)中920例が避妊に成功しました。失敗した4例は努力期間中に3回以上服用しなかったもので、影響力不足として妊娠に至る事態は必要ないと考えられています。トリキュラー28には休薬期間に服用する薬剤がありますが、トリキュラー21にはそのような錠剤はありません。プラセボ錠を持っていることで、飲み忘れを防ぐことができると支持されています。トリキュラーのいいところは、配合されているホルモンの量がすべて同じなので、ピルの飲み間違いがないことです。自分の習慣や普段の生活スタイルに合わせて、続けやすい低用量ピルを選びましょう。

ピルは定期的に、決まった時間に、種類に応じて服用することが大切で、正しい使用方法で服用すれば、多くの場合、100%の確率で避妊効果が得られます。トリキュラー服用中は卵子が排卵されず、精子と受精しないため、妊娠を防ぐことができます。子宮内膜を抑制して受精卵が固まりにくくします。子宮内膜は受精卵のベッドとなる部分で、受精卵が子宮にくっつきやすいように増殖したり、厚くなったりすることが知られています。

女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体形成ホルモンを含み、投与時間によって2つのホルモンの組み合わせを3段階にコントロールすることで、自然なホルモン分泌設計を模倣し、副作用を軽減することができます。低用量ピルは排卵を抑制し、卵巣や子宮を休ませてホルモン分布を一定に緩和するため、避妊だけでなく、月経困難症、PMS(月経前不快気分障害)、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビの治療にも効果があるとされています。