バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスの説明【通販井上薬局】

バルトレックスの服用は、食後に水で服用するだけなので非常に簡単です。副作用は少ないとされており、とても使いやすい薬です。治療はヘルペスの症状が見つかったらすぐに開始する必要があります。バルトレックスを常備薬として購入することで、短期間でヘルペスに対処することができます。

バルトレックスは、抗ヘルペスウイルス薬に分類される抗ウイルス剤です。単純ヘルペス、帯状疱疹、淋病ヘルペスなどは、ヘルペスウイルスによる病気の治療に使われるヘルペスウイルス感染症治療薬です。帯状疱疹の治療では、できるだけ早期にバルトレックスの服用を開始することで、神経痛の後遺症から患者を守ることができます。ヘルペス発生後のウイルスは現在それほど増殖していないため、バルトレックスの早期摂取は大きな効果を発揮し、未病を事前に防ぐことも可能なのです。

バルトレックスを継続的に服用することで、治療中だけでなく、休薬後もヘルペスの再発頻度を抑えることが可能です。単純ヘルペスとは、一般にヘルペスと呼ばれる病気です。単にヘルペスと呼ばれることもあり、性器に発症した場合は性器ヘルペス、唇に発症した場合は口唇ヘルペスとも呼ばれます。バルトレックスは、有効成分バラシクロビルを含有し、世界約70カ国でヘルペスを誘発するウイルス性疾患の治療薬として承認されています。

ヘルペスの初期症状としては、違和感やピリピリ感などがあり、何度か再発した方は、水疱や発疹などの表皮症状が出る前に気づくことができるようです。このような初期の段階でバルトレックスの服用を開始すれば、ヘルペスは思ったよりも簡単に治すことができます。バルトレックスは、昔の薬に比べると服用回数が少なくても、ヘルペスの治療ができるように修復されています。もちろん、ヘルペス治療効果は維持されているので、初回の投薬で酔ってしまうという手間を省いて良くなっただけの抗ヘルペスウイルス薬として、バルトレックスは本命視されています

ヘルペスウイルスに感染すると、ウイルスが体内(三叉神経)に蓄積され、症状が治まってもいつでも再発します。そのため、バルトレックスなどの抗ウイルス剤を早めに使用する必要があります。バルトレックスは、グラクソ・スミスクライン株式会社が製造販売する抗ウイルス剤で、ヘルペスウイルスの治療薬として使用されています。1錠あたり有効成分としてバラシクロビルを500mg含有しています。有効成分であるバラシクロビルは補給後、体内で記憶され、抗ウイルス作用を持つアシクロビルに置き換わります。

ヘルペスやウイルスが活性化・凝集するきっかけは、長年の疲労や負担で免疫力が低下していることです。家族の用事などで忙しく病院に行けない人は、常備薬としてバルトレックスを1本持っておくとよいでしょう。バルトレックスはグラクソ・スミスクライン株式会社が製造・販売しており、有効成分のバラシクロビルは、摂取することで体内で抗ウイルス成分のアシクロビルに変化します。

単純ヘルペスウイルスは接触感染が主体で、感染者と直接接触していなくても感染する可能性があります。本品は、性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹にお悩みのお客様や、再発時のガード薬としてお持ちいただくことをおすすめしています。再発ヘルペス対策としてバルトレックスを常備している方は様々で、個人輸入代行サイトでまとめて購入されている方もいらっしゃいます。