レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

レビトラの説明【通販 鶴亀輸入】

レビトラの効果は摂取量によって異なり、5mgで73.1%、10mgで85.3%、20mgを検討している場合は86.4%となっています。日本では10mg、20mgで85%以上という優れた結果が得られるため、一般的にED治療薬として使用されています。即効性を最大限に発揮させるためには、空腹時に服用するのが最も効果的です。しかし、この薬は食事の影響を受けにくいという特徴もあるので、即効性を求めない状況であれば食後でも服用することができます。

レビトラが即効性があるのは、有効成分が水に溶けやすく、体内に吸収されるまでがスピーディーなためです。基本的にレビトラを服用するタイミングは選ばず、食事の有無に関わらず、レビトラの効果に大きな悪影響を与えることはありません。レビトラの主成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物は、勃起に関わる酵素であるPDE-5の働きを阻害し、PDE-5が停止するとcGMPという勃起促進物質が目立つようになり、陰茎の血管が拡張して血流量が増加します。そのため、ペニスがしっかりと勃起するようになり、ED治療に効果があるとされています。

レビトラはバイアグラ(シルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)と並んで、3大ED治療薬の中でも間違いなく浸透している薬として注目されています。世界初のED治療薬として登場したバイアグラは、高価な事実を誇り、知名度も抜群ですが、一方で「食後すぐに服用しても有用性を実感しにくい」「服用後1時間経過しないと効果が実感できない」という点が懸念材料と言われています。このことが懸念材料となっています。

レビトラはバルデナフィルの容量が10mgと20mgの2種類ですが、どちらも小粒で飲みやすく、体内に吸収されやすく、服用から効果開始までの時間が短く、バイアグラよりかなり短いです。また、食事の影響も受けにくいので、効果が現れるまでの時間を見越して間違うこともありません。レビトラには有効成分としてバルデナフィルが含まれています。バルデナフィルは水に溶けやすく、服用すると15分程度で80%以上の成分が溶けてしまいます。溶解性の高い成分の独特の色合いから、レビトラは服用するとすぐに効くED治療薬として知られています。

レビトラの有効成分は、バルデナフィル塩酸塩水和物です。バルデナフィルはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルと非常にしっかりと似ており、作用機序も同じですレビトラは水溶性成分でできた即効性のあるED治療薬で、バイアグラに続くED治療薬として2004年に厚生労働省から正式に認可されました。勃起不全やインポテンツに効果的な薬です。製造元であるバイエル社は、臨床試験から「早漏」にも効果があることを発表しています。

レビトラ(バルデナフィル)の血中濃度は、約45分で頂点に達し、約4時間後には半分に減少します。行為の30分前を越えて1時間前に服用すれば効果を発揮します。バイアグラが上級者向けなら、レビトラはアマチュアや中級者向けです。服用方法にもいくつかのルールがあるだけで、とても使いやすい薬です。レビトラに含まれる必須有効成分バルデナフィルは、体内に素早く浸透し、EDの主な原因である酵素(PDE5)の使用を抑制し、中折れなどのED症状を改善する作用があります。

レビトラは、バイアグラの足かせを克服したED治療薬として誕生しました。食事の影響を受けにくい、即効性がある、という2つのメリットが大きな反響を呼び、現在でも人気が持続しています。レビトラは、ドイツのバイエル社が開発したED(勃起不全)治療薬です。日本ではバイアグラに次いで2番目に厚生労働省から承認されたED治療薬で、2004年から発売されています。