フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの説明【購入 kaigai ax】

フィンペシアは、男性型脱毛症による脱毛を予防し、抜け毛を改善する薬です。前頭部と頭頂部のDHTの増殖を抑制し、毛髪の成長サイクルを改善する効果があります。インドのシプラ社が開発したAGA(男性型脱毛症)の一般的な治療薬で、1日1錠を体内に取り入れるだけの実用性と、生え際や前頭部にも効果がある製品として人気があります。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼII型を阻害することでDHTの生成を抑制し、DHTによる男性型脱毛症(AGA)のみの症状を改善します。AGA治療薬やED治療薬は、特定の薬剤が高価であることから病院やクリニックで処方されており、薬剤の開発効率も懸念されています。20歳から50歳までのAGA患者を対象に行われた臨床試験では、6ヶ月間服用した人の98%が、抜け毛のプロセスが緩和し、効果が見られたと報告されています。 毛髪のボリュームアップも期待できます。

フィンペシア(キノリンイエロー不使用)はプロペシアのジェネリック医薬品です。販売価格は先発医薬品の10分の1程度と、ジェネリック医薬品の中では最も低価格な部類に入ります。フィンペシアの販売元であるシプラ社は、キノリンイエローを使用していないフィンペシアの「キノリンイエローフリー版」の販売を開始しました。オオサカ堂やベストケンコーで販売されているフィンペシアは、キノリンイエローを多く補うことに不安を感じているユーザーでも安心して使用できる製品です。

プロペシアと同等の効果を持ちながら、フィンペシアの価格はプロペシアの5分の1であり、半年以上の継続摂取が推奨されるAGA治療において抜群の費用対効果を発揮しています。フィンペシアは、MSD株式会社が販売するプロペシアのジェネリック医薬品で、製造はシプラ社が行い、キノリンイエローを使用していないタイプです。フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品の中で最も人気があり、コスパの優れた最強のAGA治療薬と言えます。

以前はフィンペシアにキノリンイエローという添加物が使用されていましたが、現在はキノリンイエロー不使用の商品が主流となっています。キノリンイエローフリーのフィンペシアは、緑色のパッケージと赤色のパッケージの2種類用意されています。プロペシアと同じ有効成分であるフィナステリドを使用した内服タイプのAGA治療薬で、AGAを正常化する効果に違いはありません。抜け毛や髪のスカスカの原因となる酵素「5αリダクターゼ」を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することでAGAの進行を防ぎます。

フィナステリドを配合した男性型脱毛症治療薬の内服は、髪のスカスカを構成要素からしみ出させ、髪の成長サイクルを完全にインストールするには、日付が変わるほど忙しくても6ヶ月は必要です。そのため、治療期間とともに治療費も高額になるため、安価に購入できるフィンペシアを使用することで、どうしても必要なAGA治療のランニングコストを大幅に削減することができます。

フィンペシアは、抜け毛の原因となる酵素(5αリダクターゼ)を阻害し、ヘアサイクル(生え変わり・回転)を整える作用があります。有効成分フィナステリドの働きにより、5αリダクターゼという酵素の影響を抑制します。善玉男性ホルモン(テストステロン)を悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する5αリダクターゼの働きを阻害することで、前頭部+頭頂部でのDHTの生成を抑えます。このフィナステリドの働きにより、毛乳頭の細胞の減少が正常に保たれます。