アイピル(アフターピル)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

アイピルの説明【通販スーパーrf】

アイピル(i-pill)は、世界中で多くの女性に使用されている認知度の高いアフターピルです。アイピルは緊急避妊ピルやアフターピルとも呼ばれ、避妊用アタッチメントを使用しなかったり、行為時に避妊具が破れて失敗した場合など、意図しない妊娠に備えるために服用する薬です。避妊に失敗したときに、アイピルを1回だけ服用するだけで効果があります。行為後24時間以内であれば95%の避妊効果があります。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルの緊急避妊効果は、ノルレボ錠の先発薬の臨床試験で確認され、位置づけられたものです。臨床試験は、評価数が63と高い女性を対象に、行為後72時間以内にノルレボ錠1.5mgを投与するノーダウト法で開始されました。臨床試験の結果、63組中6組のカップルが緊急避妊に成功しました。この結果をもとに、妊娠阻止率(トラブルを起こさない避妊率)が設定されました。行為後24時間以内に服用し、避妊率が95%、72時間以内では75%、モーニングアフターピルは効果が弱いため翌朝服用する女性が多く、当日の翌朝に承認されていることからモーニングアフターピルとも呼ばれています。

アイピルに含まれる女性ホルモン「レボノルゲストレル(黄体ホルモン)」は、妊娠のメカニズムに逆らって働きます。体がレボノルゲストレルを感知すると、視床下部というホルモンの分泌を抑える部分に指示を出します。レボノルゲストレルの割り込みが視床下部に広がると、性腺根のホルモンの分泌が一時的に抑えられます。アフターピルのジェネリック医薬品であるノルレボの人気のメリットは、第二類医薬品であることで、望まない妊娠は避けたいという方にとっては救いの手となります。

アイピル(i-pill)は緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック医薬品です。避妊を怠ってから24時間以内に服用することで95%の効果を発揮します。先発品のノルレボピルより90%安い価格で購入できるため、万が一に備えて事前に購入し、バッグに入れて持ち歩く女性が増えています。すでに排卵が起こっていたとしても、無事に妊娠が成立するまでには3~4日の猶予期間があります。レボノルゲストレルによって子宮内膜が刺激され、成長が促されます。成長を早めることで、子宮内膜に到達した受精卵を着床しにくい場所に移行させる必要があります。

アイピルは、行為後に避妊をするアフターピルです。性交後72時間以内であれば、高い確率で緊急避妊を行うことができるということです。アイピルの服用が早ければ早いほど成功率が高くなるため、緊急避妊薬はなるべく早く服用することが求められています。緊急避妊薬は1960年代から販売されていますが、当時は嘔吐などの副作用があり、わかりにくいものでした。その後、副作用を激減させることを目的に、黄体ホルモンの一種であるノルゲストレルという成分を含む緊急避妊薬が作られました。

アイピルを使えば、産婦人科でアフターピルを処方してもらうよりも、ずっと安い費用で緊急避妊ができるようになったのです。アイピルはかなり高い確率で妊娠を止めることができますが、確実な避妊法というわけではありません。万が一ゴムの確保など避妊の条件を破った場合や、避妊サービスを受けずに性交した後に服用するもので、通常の経口避妊薬のレベルまで下げるものではありません。

アイピルは、処方薬として有名な緊急避妊薬「ノルレボ」の後発品です。ノルレボがフランスの製薬会社によって考案されたのに対し、アイピルはジェネリック超大国インドのピラマル・ヘルスケアによって作られました。i-pill(アイピル)は、インドの製薬会社であるピラマル・ヘルスケアが開発した緊急避妊薬(アフターピル)です。