アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの説明【通販ナースbn】

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、細菌性接触感染時の症状改善に効果を発揮します。ウイルスや真菌による接触感染症は対象外ですが、クラミジアや淋病などの感染症や、気管支炎、歯周病などの治療に適した抗生物質です。アジスロマイシンは、細菌が耐えられるリボソームだけに作用します。マクロライド系の抗ウイルス剤で、副作用が圧倒的に少なく、他の薬との相性の悪さによる薬物相互作用もほとんどありません。

淋病はクラミジアに次いで接触感染の確率が高く、梅毒も当地では接触感染を増やしている。これらの病気の根本原因菌は自己感染菌であるため、アジーで治療することが可能です。また、アジーは、マイコプラズマ肺炎、尿道炎、膣炎などの細菌による炎症にも有効です。アジーの有効成分は7~10日間、血中に留まり、一定の濃度で取り込まれます。そのため、長期間作用することができますが、アルコールを混ぜるとアジーの効果が薄れてしまうことがあります。抗菌作用が生かされず、症状の変化に時間がかかる可能性があるため、アジー服用後10日間は飲酒しないようにしましょう。

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、主に性器クラミジア感染症の治療に使用されることが多いです。陰部のかゆみ、痛み、膿の分泌、クラミジアの存在による異常など、幅広い症状に効果があります。また、歯周病や肺炎マイコプラズマにも有効で、クラミジア以外にも多くの病気の原因となる細菌に対して抗菌活性を示します。主に感染症の治療に使用されるアジーは、従来の薬剤に比べ即効性がやや高く、治療期間が短いのが特徴です。

アジーは、シプラ社が製造・販売するマクロライド系抗生物質で、マイコプラズマ、クラミジア、淋病などの感染症に効くジスロマックのジェネリック医薬品です。接触感染に気づかない女性も多いため、特定の産物の存在やにおい、陰部のかゆみなどが気になる方、感染症が心配な方は、一度試してみることをおすすめします。行為前に服用することで、感染に備えることも可能です。様々な症状に良い影響を与えるため、AZEEは抗菌塊のあるモノの常備薬として持っておくと便利なお薬になります。アジーは、クラミジア治療薬として圧倒的に選ばれているジスロマックと同じアジスロマイシン主成分のジェネリック医薬品であり、同じ治療効果が期待できます。インドのシプラ社製造で販売されています。

抗生物質は、他の菌に障害をもたらす菌に作用して、菌の増殖を抑制します。マクロライド系の抗ウイルス薬は、副作用が少なく幅広い抗菌作用があるため、お子様からおばあちゃんまで幅広く処方されています。使用されている有効成分は、タンパク質の合成を阻害することで、細菌の成長や増殖を抑えます。再び、患部(炎症部位)に好中球が集まるのを圧縮する作用があるため、痛み、腫れ、赤み、発熱などの症状に効果的です。ただし、菌の残存が見られる場合は再発の可能性があり、さらに症状のバランスが崩れることがあります。