ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノタブの説明【ジェネクリ・aga】

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)はAGAのために個人輸入で通販することができ、「ジェネクリ(genecli)」「オオサカ堂」「アイドラッグストアー」「JISA」といった海外通販サイトへ注文することで入手できます。オオサカ堂はミノタブの最安値の通販サイトとして知られ、まとめ買いすると1錠30円以下で購入できます。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はミノキシジル配合の錠剤で、ノキシジル(Noxidil)という商品が最も普及しています。ロニテンという内服薬のジェネリック医薬品で、血行を改善し、発毛や抜け毛の防御を促進する力を持っています。ミノタブは内服薬になりますので、頭皮に満遍なく作用することになります。ミノキシジルは、もともと薄毛治療のための薬ではありませんでした。高血圧の方に血管拡張剤として使われていましたが、発毛効果があるという発見を目指して、髪の少ない治療に大きく使われるようになったのです。

毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを落ち着かせるとても重要な器官です。ここに栄養が届けられると、しっかりとした髪が成長しやすくなると言われています。逆に、頭皮部分の血行が悪ければ、育毛はうまくいきません。ミノキシジルの育毛効果の仕組みは完全には解明されていませんが、一般的には2つのメカニズムが育毛を急進させると考えられています。ひとつは血流活性化効果、もうひとつは成長因子の産物育成です。頭皮の毛根には毛乳頭細胞があり、頭皮の毛細血管と近接しています。毛乳頭細胞は、血管から酵素や栄養を受け取り、毛母細胞の司令塔として髪の成長の目印となります。血管発達作用のあるミノキシジルは、頭皮の毛幹の血管を強化することで、毛乳頭細胞への血流を促進し、大切な栄養素を毛幹に十分に行き渡らせ、髪が育ちやすい土台を強化します。

主成分のミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬でしたが、降圧剤としてミノキシジルを服用した患者の約8割に体毛の著しい増加が確認されたそうです。この地味な効果から、現在ではミノキシジルは男性脱毛症であるAGAの治療薬としても処方されるようになりました。ミノキシジルの育毛効果は、23種類あるFGF(線維芽細胞増殖因子)の製品開発作用によるものと考えられており、その中でもFGF-7(別名:発毛促進因子)は、毛母細胞を抑制し増やすという本来の作用を持っていると言われています。ミノキシジルは、このFGF-7の製造を促進すると言われています。

ミノタブ(ノキシジル)は、様々な毛髪の欠乏に対して発毛効果を発揮するミノキシジル配合の医薬品で、ファイザー社のロニテンのジェネリック医薬品としてタイの製薬会社が開発したものです。外用剤よりも高い発毛・育毛効果があります。ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は、リアップと同じ有効成分ミノキシジルを配合した医薬品です。外用剤であるリアップとは異なり、ミノタブは錠剤で内服します。より高い効果を求める要求や副作用への配慮、正しい使用方法の尊重などから、近年、国内のAGAクリニックではミノタブの処方が増えています。

ミノタブは、抜け毛や髪の少なさに悩む方、髪を増やしたい方をサポートする男性型脱毛症(AGA)治療薬です。「攻めにミノキシジル、守りにフィナステリド」と言われるように、脱毛抑制効果のあるフィナステリド系のAGA治療薬と併用している男性も多いです。抜け毛を減らし、健康な頭髪を育てることで、AGAの症状を効率的に改めることを目的としています。ミノタブは、異常なヘアサイクルを正常化し、発毛を促進する効果が期待できます。ただし、フィナステリドのように抜け毛を予防するものではありません。