トリキュラー21

 

 

 

ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トリキュラーの説明【通販スーパーpw】

トリキュラーは「スーパーpw」や「スギ薬局」、「マツモトキヨシ」などからは通販できません。ネットで注文できるのは海外版トリキュラーのみで、「ベストケンコー」「アイビューティーストアー」「オランダ屋」などの個人輸入代行サイトで販売されています。トリキュラーの通販では偽物が多いので、ベストケンコーなど独自の成分鑑定を実施し、正規品保証しているサイトを利用するようおすすめします。

トリキュラーは、ドイツのバイエル社が開発した経口避妊薬です。数ある低用量ピルの中でも特に人気が高く、日本では多くのレディースクリニック・産婦人科で処方されています。ホルモンバランスの乱れによる女性の体の違いを利用した避妊薬です。低用量ピルのメリットは、1日1錠の服用という手軽さだけでなく、女性側の対応で高確率で避妊を試みることができる点がメリットです。

低用量ピルは個人輸入で最も人気のある避妊ピルで、日本全国で処方されている「トリキュラー錠21」のと同じ商品が通販できます。低価格で使いやすいのが特徴です。トリキュラーは、生理不順や生理痛などの月経の悩みを抑える効果もあります。トリキュラーの主な副作用は、胃痛、吐き気、頭痛、悪心、圧痛などです。これらの症状は軽度で一時的なものなので、人間の体が慣れてくれば、その対応は不要になります。

低用量ピルは黄体ホルモンの種類によって第1世代から第4世代に分類され、トリキュラーは第2世代にあたります。万が一排卵があっても、子宮内膜を変化させて精子が受精卵に付きにくくすることで、受精卵が子宮にくっつくのを防ぎます。また、子宮内膜が弛緩することで、生理痛や経血量が減少し、服薬中の不正出血の発生を抑えることができます。黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2種類の女性ホルモンを体内に充填することで、体内のホルモンバランスを妊婦の状態に統一することができます。女性本来のホルモン分泌に近い自然な状態でホルモンの減少が起こり、排卵が抑えられて妊娠しにくくなるため、より大きな副作用がありません。

トリキュラーは、生理不順や生理痛などの月経不順をコントロールするためにも使用できます。子宮内膜が肥大化しないので、受精卵が羽化しにくいのが特徴です。子宮内膜は受精卵のベッドとなり、その増殖や厚みによって受精卵が子宮内膜にまとわりつきやすくなりますが、子宮内膜が織り込まれにくくなると、妊娠しにくくなるのです。

一相性のピルは含まれるホルモンがすべて同じで、誤飲(飲み間違い)の心配がないという利点があります。普段の生活習慣や日常生活を踏まえて、自分にとって続けやすい低用量ピルを選びましょう。三相性ピルとは、ホルモンの量が異なる3つのピルを順番に服用するシステムのことです。月経周期の1日のホルモンバランスに合わせて、うまく作用するように処方されています。必要最小限の量のホルモンで構成されていますので、残量があっても安心です。

トリキュラーは、低用量ピルの中で最も認知度の高い経口避妊薬です。トリキュラーは、1979年にドイツのシエル・エンゲージリング社(現バイエル社)から発売され、現在では世界90カ国以上で多くの女性に使用されています。月経のリズムが乱れると、ホルモンバランスが崩れ、情緒不安定や肌荒れなどの悩みが生じます。トリキュラーを服用することで、月経の回数が正常に戻り、そのような悩みの更新に即効性が期待されます。

トリキュラーに含まれる女性ホルモンの血中濃度が上昇し、ホルモンバランスが正常から変化すると、子宮内膜がかなりの厚さに成長できず、受精卵が子宮にくっつきにくくなります。トリキュラーがホルモンプロポーションを変換すると、子宮の第一段階から分泌される粘液がより持続的になり、精子の流入を防御するようになります。避妊だけでなく、生理周期や生理痛の緩和にも役立ちます。