アバナ(アバナフィル100mg)

アバフォース(アバナフィル100mg)

 

 

 

 

 

アバナフィルの説明【通販ディビジョン】

アバナフィルな第四のED商品に分類(ディビジョン)されるもので、即効性が他より圧倒的に優れるという特徴をもち、通販でも人気急上昇中です。アバナフィル配合の商品にはステンドラ(STENDRA)やアバナ(AVANA)などのジェネリックがあり、ベストケンコーやオオサカ堂などの個人輸入代行サイトから通販できます。

アバナフィルは現在、日本では依然として承認されておりませんが、欧州では「SPEDRA」(スペドラ)、韓国では「ZEPEEDRA」(ゼペドラ)という商品名で販売されています。ステンドラの主成分は「アバナフィル」で、日本の製薬会社である田辺製薬が増産に成功し、その生産・販売を米国のヴィーナス社に移管しました。その後、2012年4月にFDA(米国食品医薬品局)より承認され、「ステンドラ」という商品名で販売を開始しました。現在、日本国内での市販は行われていないため、海外から購入する方法しかありません。

先発医薬品と同じ有効成分を持つアバナ(AVANA)は、ステンドラの臨床結果と同じED発症率が期待されています。アバナのジェネリックは思ったよりもリーズナブルなので、新しいED治療薬を試してみたいという方にもおすすめです。PDEは1以外にも11種類あり、ペニスには勃起の仕方に関わるPDE5型が豊富に存在します。勃起は、エネルギーの源であるサイクリックGMP(cGMP)がペニスの中で上昇することで起こります。しかし、PDE5型はcGMPを分裂させて勃起を破壊し、一般に凹みと呼ばれる状態を引き起こします。アバナフィルはPDE5の影響を遮断し、cGMPの数を多く保つことで勃起を促進し、陰茎を硬く隆起させます。これらは、ほとんどのED治療薬に共通する特徴です。

バイアグラ、レビトラ、シアリスと同じPDE5阻害薬で、レビトラよりも有用性の発現が早いと言われています。アルコールと同時に使用しても副作用はまばらですが、食事に関しては空腹時に服用するとより効果的です。ED治療薬の発祥はバイアグラ、レビトラ、シアリスで、今までは3大ED治療薬と言われていました。しかし、2012年にアメリカの製薬会社であるビバス社が、第4のED治療薬としてステンドラを発売し、その誕生と販売数を伸ばしています。ステンドラはこれまでのED治療薬と同じく、PDE5という酵素を阻害する薬です。

ED治療薬といえばバイアグラ、レビトラ、シアリスが代表的で、流通量もかなりのものです。その中で、より進化したED治療薬がアバナ100mg(ステンドラジェネリック)です。アバナの効果は、陰茎などへ刺激が加わることで勃起し、時間が立つと自然と収まるというものです。興奮するとcGMPが陰茎に大量の血液を送り込み、勃起を起こそうとしますが、勃起したままではいけないので、射精後の興奮が収まると、勃起を抑制するPDE5酵素が作用して、陰茎を正常に戻すというものです。ペニスが正常な状態に戻る 加齢や成人病などで血流が悪くなると、PDE5酵素が作用する能力がcGMPよりも大きくなり、快感のある勃起が得られなくなります。そのため、ED治療薬は、勃起阻害に関わるPDE5酵素の量を減らし、勃起に導くことを目的としています。

アバナフィルには、最短15分で効果が現れるという即効性があり、食事の影響を受けにくいという特徴があります。つまり、行為する際に事前に色々と調整する心配がなく、気軽に使用できるのです。アバナフィルは他のED治療薬よりも即効性があるため、注意すべき点というのがあります。グレープフルーツ果実やグレープフルーツジュースと一緒に飲むと大きな副作用が出る可能性があるので、アバナフィルを使う日はグレープフルーツだけは避けてください。