グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

オルリガル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

グルコバイの説明【通販 もえ薬局】

グルコバイ正規品はもえ薬局などでは現在販売されておらず、「ベストケンコー」や「オオサカ堂」、「お薬なび」などの個人輸入代行業者からネット通販で注文しなければなりません。ベストケンコーではバイエル社のグルコバイ正規品を取り扱っており、送料無料で日本国内まで発送してくれます。

グルコバイは食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができ、その作用は腸から炭水化物(糖質)を消化把握することをゆっくりとモラトリアムすることによるものです。また、インスリンの分泌を抑えるので、膵臓の負担を休めることができます。グルコバイは、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることで、より効率的に糖を代謝できるようになる作用があると考えられています。食後過血糖を防ぐという現実的な効能と、肥満体型を改善するという間接的な効能により、総合的に糖尿病を改善する薬といえます。

有効成分アカルボース(Acarbose)が小腸粘膜の微絨毛膜のグルコンタミナーゼなどの酵素を阻害し、膵臓や唾液中のα-アミラーゼを阻害することにより、食後血糖値の急激な上昇を抑えることができます。アカルボースは、このような作用機序から「α-グルコシダーゼ阻害剤」と呼ばれることもあります。

副作用としては、腹部膨満感や鼓腸、おならの増加、軟便の発生率の増加、下腹部の下痢、体痛、便秘などがあります。重篤な副作用として、低血糖、腸閉塞、肝機能障害、黄疸などが現れることがあります。グルコバイを2~3ヶ月服用しても食後血糖値の改善が見られない場合は、他の治療法に切り替えてください。

グルコバイは、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。腸からの炭水化物の消化を遅らせることで効果を発揮します。また、インスリン分泌のエネルギーを節約するため、膵臓の負担を解消します。食後高血糖の予防は、脂肪として蓄積される糖質を減らし、高血糖の要因である肥満体の再構築に良いとされています。

食後の急激な血糖値の上昇を抑える薬です。日本で承認されているグルコバイ錠と同じ有効成分を配合し、主に糖尿病における食後過血糖の治療に使用されると考えられています。グルコバイ50mg(Glucobay)は、バイエル社が製造する糖尿病用精査薬です。有効成分としてアカルボース50mgを含有し、10錠単位で販売されています。

有効成分アカルボースにはα-アミラーゼ阻害作用があり、食後血糖値の過度な上昇を防ぎます。血糖値を正常に管理することは、目の前の病気を治療するだけでなく、生命を脅かす病気の予防にもつながります。重症肝硬変の患者さんに投与すると、便秘などをきっかけに高アンモニア血症となり、意識障害を伴うことがあるので注意してください。

グルコバイは、有効成分アカルボースを含有する糖尿病治療薬です。バイエル社によって製造販売されています。食後の血糖値の上昇を抑えるお薬で、主に糖尿病における食前血糖値の改善に使用されます。ただし、食事療法や運動療法を行っても多量の血糖が得られない場合に制限されています。グルコバイを単独で活用するのに適しているのは、軽度の糖尿病の方です。食事療法や運動療法の効果が乏しい場合に取り入れられます。特に、「空腹時の血糖値はそれほど低くないが、食後に高い血糖値を示す患者」にグルコバイを使用することが想定されています。