ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルタブレットの説明【通販井上薬局】

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は井上薬局やココカラファインなどからは通販できません。「オオサカ堂」「JISA」「アイドラッグストアー」などの海外個人輸入代行サイトからミノキシジルタブレットは通販でき、購入方法はAmazonや楽天などど同じです。届くまで1~2週間かかりますので早めに注文するようおすすめします。

ロゲインのような外用薬は皮膚からしか得られないのに対し、ミノキシジルタブレットのような内服薬は全身の血流に乗って投与されるため、頭皮の隅々まで内側から届き、より強い育毛効果を発揮することができるのです。有効成分であるミノキシジルは、毛細血管を伸ばし、血流を促進させます。これにより、毛乳頭に栄養が流れ込み、毛母細胞が活性化されます。毛母細胞も活性化され、正常なヘアサイクルになるように導かれます。同様に、ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激して増殖させるので、毛母細胞の数が増え、発毛が促進されます。

ミノタブと相性の良い方であれば、投薬開始から3~1ヶ月程度で効果が現れますが、AGAの投薬は継続することが大切です。投薬のタイミングに意味はなく、食前や食後を追わずとも投薬は可能ですので、すぐに効能が現れなくても悲観したり喜んだりする必要はありません。ミノキシジルとプロペシアの同時使用は、AGAの治療において理想的です。ミノキシジルを使っていた方に内服薬としてプロペシアを導入することで、さらない効果が得られたという口コミも多数あります。

ミノキシジルタブレットは、内服薬の部類に入るAGA治療薬です。有効成分であるミノキシジルタブレットは、血行を活性化することで頭皮に栄養を行き渡らせる方法をサービスしています。膨大な量の栄養を受け取った毛母細胞(髪の毛の元)は、継続的に細胞の分解が行われるため、髪の毛の成長が促されるのです。ミノキシジルタブレットの「ノキシジル」(Noxidil)は、ティーオーメッド社が開発した内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬で、高い効果が期待できます。ファイザー株式会社が開発したオリジナルのAGA治療薬「ロニテン」のジェネリック医薬品です。

ミノキシジルタブレットは短期間で効率的な発毛効果が期待できますが、最低でも3ヶ月は服用することが推奨されています。ヘアサイクルは、発毛、育毛、脱毛をおよそ1,000日前後で繰り返すサイクルです。ジヒドロテストステロンが増加すると、髪の成長タイムラインが短くなったり、ヘアサイクルが止まってしまったりして、抜け毛が増えたり、髪が少なくなったりするのです。ミノキシジルにはヘアサイクルを改善する働きがあります。

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として開発されたものです。ミノキシジルタブレットは、日本では医療用医薬品、公的機関医薬品として販売されていません。口から服用するミノキシジルタブレットは、リアップやロゲインなどの塗布型医薬品と比較して、ミノキシジルの取り込み率が高いと言われています。また、塗布薬では実現できなかった「前頭部の発毛」にも効果が期待できるとされています。

有効成分ミノキシジルは、血流を良くする働きがあり、髪に必要な栄養素を効率的に取り込むことができます。栄養分を取り込むことで、髪の成長が伸び、太くコシのある髪になります。抜け毛の方法を抑制するフィナステリドを含む薬と同時に使用することができます。ミノキシジルの使用には血管を広げる効果があり、頭皮の血流を促進することで、髪の毛母細胞に豊富にある栄養を送り、髪の成長サイクルを正常に戻して発毛を促します。

タイのT.O. Chemicals (1979) Ltd.では、ロニテンの後発品であるミノキシジルタブレット(ノキシジル)を製造販売しています。高血圧の治療に活用できる降圧剤ですが、AGA(男性型脱毛症)の治療にも有効な育毛剤としても人気があります。5mgと10mg版の2種類があり、10mgを分割して飲んだ方がコストは安くなります。