サビトラ20mg

 

 

 

バリフ20mg

 

 

 

 

 

サビトラの説明【通販リセントリー】

サビトラ(Savitra)は最近特に注目を浴びている商品で、海外通販サイトでの売れ行きも好調です。バリフなど他のジェネリックと同等の効き目がありながら、少し安めで通販できるということがメリットです。ベストケンコーやくすりエクスプレス、ユニドラなどで購入可能な商品です。

ここ数年、日本では3系統のED治療薬が販売されています。バイアグラ、レビトラ、シアリスで、主成分は異なりますが、いずれもPDE5を阻害する効果は同じです。10mg錠は後半5時間までの大半の時間、20mg錠はおそらく8時間直後まで効果が持続するのが特徴です。レビトラのジェネリック医薬品であるサビトラは、服用後に外圧がかかると強い勃起力を発揮する薬です。

サビトラを製造しているのは、2003年にインドで開業した製薬会社サバメディカ社。意外と新しい製薬会社ですが、ジェネリック医薬品を多く販売しており、WHO(世界保健機関)の承認も得ています。アメリカやカナダなどにもアトリエがあり、急成長中の製薬会社です。頭痛や鼻づまりなどの症状が治まらない場合や、明らかに体調がおかしいと思われる場合は、服用を中止し、医師に相談する必要があります。

レビトラジェネリックの主成分であるバルデナフィルは、勃起を制御するPDE5の働きを阻害する作用があります。そのため、別名PDE5阻害剤と呼ばれ、ED治療薬の中でも人気の高い成分です。アルコールとの併用はサビトラの有効性に影響を与えないので、酔いが強くなければサビトラを一緒に服用しても問題なく効果が得られます。

有効成分バルデナフィルは、主に陰茎に滲み出るPDE5に作用することで強烈な勃起誘発効果を発揮し、他の系統のPDEにはほとんど作用しないため、副作用が起こりにくいED治療薬と言えます。サビトラは、レビトラと同等の勃起不全改善効果が期待でき、かつ安価に入手できるため、発展途上国から先進国まで、世界中のお客様にご利用いただいております。

サビトラは、レビトラと同じ有効成分を含有するレビトラのジェネリック医薬品です。有効成分はバルデナフィル塩酸塩水和物で、酵素PDE5を選択的に阻害するPDE5阻害剤です。注意点としては、サビトラは媚薬や精力剤ではありません。飲むことで肉欲を高めることを目的としたものではありません。ペニスの強度を高め、勃起させるという有用性を発揮するのは、アプローチを受けたときだけです。精子の運動率や精子数、射精量を増加させるものではありません。

バイアグラとの違いは即効性にあり、服用後約1時間後に最も効果的な効果が現れます。Savitraとバイアグラの違いは、Savitraがより長い時間作用することです。10mg錠は10mg、20mg錠は20mgの用量で販売されています。10mg錠は5~6時間、20mg錠は8~10時間効果があります。通常、10mgの用量は5~6時間、20mgの用量は8~10時間有効です。