アカミン50mg(ミノマイシン・ジェネリック)

 

 

 

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ミノマイシンの説明【通販ノワール】

ミノマイシン(ミノサイクリン)は、クラミジアに有効な抗生物質で、米国ファイザー社が商品化した医薬品です。抗生物質の中では比較的古いカテゴリーに属する商品で、2週間程度の常用でクラミジアを治療できるされます。クラミジア感染症は、クラミジア菌の接触感染によって起こる国内では最も多い性感染症で、特に未成年に広く見られます。

ミノマイシンは、非常に望ましい抗生物質である。世界的に有名な製薬会社であるファイザー社が製造・販売しており、1カプセルに有効成分としてミノサイクリン100mgが含まれており、服用することで多くの接触感染症に対応することができます。細菌の種類によって推奨される抗生物質は異なりますが、ミノサイクリンは、肺炎やマイコプラズマ肺炎などの呼吸器系接触感染症、皮膚感染症、腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症、クラミジア属による接触感染症の治療に使用されています。

大きく珍しい赤ニキビも、ミノマイシンなどの強力な抗菌剤を使用すれば、小さくなってきれいなニキビに生まれ変わります。有効成分のミノサイクリンは、淋病や梅毒など幅広い局所の接触感染症に効果があります。ニキビ治療では、医師が患者さんを診察する際に最も参考にする書籍「尋常性ざ瘡治療のすすめ」に、「中等度以上の炎症性発疹を伴う尋常性ざ瘡」には、ミノマイシンの奨励度ごとにAステータス(最高ランク)が与えられると記載されています。このような背景から、ミノマイシンは人間の皮膚科でもニキビ治療で使用され、添加されてきたのでしょう。

ミノサイクリンは細菌の増殖を阻止して衰弱の始まりを防ぐ静菌薬で、細胞が栄養を摂取して混み合って死んでしまうのを防ぐ効果があります。維持投与が重要なので、決められた時間、継続して服用する必要があります。ミノマイシンの特徴は、抗菌作用が他の抗生物質より優れていることと、薬剤に耐性を持つ菌(耐性菌)が発生しにくいことです。繰り返しになりますが、他の抗生物質と比較して作用時間が長いおかげで、1日1回の服用で多くの効果を得ることができます。

クラミジアや淋病などの性感染症の薬は、働いている病院まで行かないと手に入らないということで、治療を躊躇される方も多いと思いますが、個人輸入代行感覚であれば、ミノマイシンをWEB通販で購入することができます。ミノサイクリンは通常量の使用では静菌作用(細菌の増殖を抑える)しかありませんが、高濃度で使用すると病気の原因となる細菌を破壊する作用を見せます。

ミノマイシンは、テトラサイクリン結合に分解する抗生物質です。ニキビ、ハチ刺され、虫刺されのほか、非限定的な接触感染にも有効で、手元に置いておきたい薬です。ミノマイシンには、有効成分としてミノサイクリン塩酸塩が含まれています。ミノサイクリン塩酸塩は、日本では40年近く使用されている歴史のある成分です。