バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスの説明【通販 もえ薬局】

ヘルペスといえばバルトレックスと言われるほど定番の抗ウイルス剤です。口唇ヘルペスのほか、水疱瘡などいくつかのウイルス性疾患に対して即効性と丸い効果があります。単純ヘルペスウイルスだけでなく、感染症が重症化しやすい女性の膀胱や子宮頸部の接触感染にも効果があります。従来から使用されているヘルペスウイルス感染症治療薬では、摂取回数が多いなどの懸念が表明されていました。バルトレックスは、ヘルペス治療薬の摂取頻度を削減するために、これまでの薬剤を改質したものです。

第2世代の抗ウイルス薬として製造されたバルトレックスは、有効成分の理解率が格段に高く、1日1回の服用よりも1日3回の服用で効果を発揮します。バルトレックスは、ヘルペス再発時の補助薬として常備しているユーザーも多く、個人輸入代行でまとめ買いする人もいる。ヘルペスウイルスは、40歳前の1、2日の人が持っているウイルスです。口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、帯状疱疹など、さまざまな症状があります。水疱瘡などにかかったことがある人は、ウイルス保有者です

バルトレックスは、ウイルスが少ない初期状態で使用すると効果が高いので、なるべく早い時期に投与することが推奨されています。アシクロビルは、ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスに接触して感染した細胞の内部に入り込み、ウイルスのDNAの製造を阻害することでウイルスの増殖を抑制する薬です。アシクロビルは、ウイルスに接触して感染した細胞のみに選択的に作用し、ウイルスに接触していない細胞には作用しないため、非常に安全です。

性器ヘルペスの接触感染の脅威を抑えるにはコンドームが有効ですが、コンドームで守れない場所にもウイルスが出現することがあるので注意が必要です。バルトレックスは、ヘルペスウイルスの治療薬としてGSKファーマが加工・販売しています。そのため、有効成分であるバラシクロビルは「DNAポリメラーゼ阻害剤」という別名で呼ばれています。

バルトレックスには、腎臓の組織が悪くなり、薬剤を体外に排出できなくなった場合に、より起こりやすい副作用があります。腎機能低下と診断された人は、服用前に医師に相談する必要があります。ヘルペスを繰り返す患者さんの多くは、体の末端の神経細胞の中にウイルスが潜伏している可能性があります。末端の神経細胞は耐久寿命があるので、バルトレックスを服用している間に、ウイルスを最後まで飲みたがる細胞を減らすことができるのです。

ヘルペスの症状が裏付けられるようになったら、すぐに治療を開始する必要があります。バルトレックスを常備して、手間をかけずにヘルペスに対処しましょう。ヘルペスウイルスに感染すると、症状が治まった後もウイルスが体内(三叉神経内)に残り、いつ再発してもおかしくない状態です。バルトレックスは、ウイルスの活性化を抑えることで、症状を改善するだけでなく、再発を防ぐことを目的としています。