ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックの説明【通販web窓ロ】

ジスロマックは、ファイザー社が製造する、クラミジアや淋菌などの細菌による接触感染に有効なマクロライド系抗生物質で、アジスロマイシン水和物を主成分とする製品です。ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシン水和物は、マクロライド系に属し、様々な細菌に対して殺菌効果を発揮します。そのため、接触感染によって見られる炎症、浮腫、化膿、発熱などに効果的です。

クラミジア以外の疾患に対するジスロマックの有用性は、日本での承認時に行われた臨床試験で100%証明されています。臨床試験で確認された各疾患の好中率は、歯周病で85.9%、肺炎マイコプラズマで98%、副鼻腔炎で100%となっています。ジスロマックは、菌の増加を防ぎ、影響を少なく感じさせる引力があるのです。クラミジアの場合、症状の診察は服用初日からそう推定でき、少ない服用回数で治療が可能です。1日3日の摂取で、他のこのような薬剤を7~14日間使用した場合と同等となります。

マクロライド系抗菌薬は静菌作用があると言われていますが、ジスロマックは穏やかな殺菌作用もあり、一度に大量に服用しても抜群の効果が期待できます。ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗菌薬の元祖です。クラミジア治療の主な代替薬として知られ、ファイザー社が製造・販売しています。ジスロマックは以下の特徴により、病気の原因となる菌が目立とうとする時間帯を逃さず抗菌作用を発揮し、病気の原因となる菌自体を上昇させたり消滅させたりすることなく重鎮を務めます。このジスロマックの強力なインパクトにより、感染力の強い異常なクラミジアの治療薬として高い効果を発揮するのです。

ジスロマックは、淋病、クラミジア、喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、中耳炎、肺炎、副鼻腔炎、歯周炎、リンパ管炎、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、その他細菌から発した炎症の治療に使用されています。接触感染の原因となる細菌が体内に混入することで、腫れや赤み、痛み、発熱などの炎症症状を引き起こします。炎症症状は、体が細菌と戦っている大切な証であり、抗生物質は、より早く細菌に打ち勝ち、炎症症状を抑えるために、助け舟のような形で内服されるのです。

ジスロマックはアレルギーを起こしにくいとされているので、ペニシリン静脈やセフェム系抗生物質にアレルギーがあり、取り込めなかった方もジスロマックを服用することができます。なお、ジスロマックはインフルエンザや感染性胃腸炎(ノロウイルス)、おたふくかぜなどのウイルス性疾患には効果がありません。クラミジアの治療では、ジスロマックの服用回数は1回のみです。他の薬では1日に何度も服用を繰り返し、1週間という長期間の服用が必要なため、ジスロマックの1回のみの服用というわかりやすさは優れています。

ジスロマックの服用回数は、症状によって遠くても構いません。飲むタイミングに時間指定はありませんが、1日に飲む時間をずらすことで、成分の血中濃度を安定させることができます。また、食事の下半分よりも空腹時の方が、成分の理解率が高くなります。接触感染症は、体内で細菌が蔓延することで起こります。特に淋病やクラミジアなどの性感染症は、性行為による接触で感染するため、細菌を確実にメチャクチャにすることが必要です。