フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フォルカンの説明【通販カンパニー】

フォルカンは、代表的な真菌の一つであるカンジダ菌に強い作用を持ち、膣カンジダ症の治療に適しています。このたび、有効成分であるフルコナゾールが、造血幹細胞再形成疾患患者における深在性真菌症の予防に調和配合されることが承認されました。

カンジダ症は、性器にかゆみやおりものの増加などの症状を引き起こします。軽症の場合は膣内洗浄で自然に治癒することもありますが、深いかゆみを伴う場合は治療薬によるケアが必要です。年に4回以上再発を重ねる腟カンジダには、週1回の服用で再発を予防するフォルカンが有効です。

当初、フォルカンは接触感染症の治療に使われていましたが、膣分泌能の増強、膣感受性の向上にも有用で、不感症にも有効です。フォルカンの1回の摂取で、ジフルカンと同等の効果が得られると判断されていることから、膣カンジダ症の発症に期待が持てます。また、ジフルカンが50mg錠と100mg錠しかないのに対し、フォルカンは150mg錠があり、1錠で治療が可能です。

フルコナゾールとトリアゾラム(ハルシオン)を同時に使用すると、トリアゾラム(ハルシオン)の作用が強くなることがあります。そのため、トリアゾラム(ハルシオン)の眠気の作用が進みすぎて、転倒などの事故が起こる危険性があるため、同時使用は禁止されています。10~50歳代の女性の約5人に1人が膣カンジダの既往があると言われています。外陰部のかゆみや炎症、異常なおりものなどが腟カンジダ症の主な症状です。カンジダ症には、「フォルカン」などのフルコナゾール製剤が有効です。

フォルカンは、処方薬であるジフルカンと同じ有効成分を持つジェネリック製剤です。真菌(カビ)の増殖や活性化を抑制し、かゆみや炎症などの症状を改善します。フォルカンは、カンジダ症などの真菌が原因となる多くの性感染症の治療に使用されています。フォルカンを個人輸入代行で通販することで、病気のために病院やクリニックに行かなくても、自宅でカンジダ症を治療することができるのです。

フォルカンは、1978年にファイザー株式会社が企画したトリコナゾールなどの抗真菌薬「ジフルカン」のジェネリック医薬品です。真菌はカビの仲間で、体の多くの部位に感染すると炎症などの症状を引き起こすことがあります。真菌特有の細胞膜であるエルゴステロールの合成を阻害することで、真菌の増殖を抑止・死滅させます。エルゴステロールは人間の細胞には存在しないため、真菌にのみ作用します。

フォルカンの症状は、早ければ服用後3日目から現れ始めます。フォルカンの初回服用後1ヶ月が経過するころには、ほとんどの患者さんの症状は完全に消失します。女性の多くは不眠症のためにトリアゾラム(ハルシオン)を服用しているため、フルコナゾールをトリアゾラムと同時に服用しないように注意する必要があります。フォルカンは、膣カンジダを治療することができる高用量または単回投与の内服薬です。インドの大手製薬会社シプラ社で生産されています。