リピトール10mg

アトルバスタチン10mg(リピトール・ジェネリック)

 

 

 

 

 

リピトールの説明【通販ディビジョン】

リピトールは、アメリカの有名な製薬会社ファイザー社の脂質異常症治療薬です。高コレステロール血症(高脂血症)の治療に活用されています。リピトールは、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の治療に適用されます。これらのコレステロールの数値が高い病気は、まとめて脂質異常症と呼ばれています。

高コレステロール血症は、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂肪物質が多くなりすぎる病気です。以前は高脂血症と呼ばれていましたが、現在は脂質異常症とされています。家族性高コレステロール血症の治療にも引用されています。コレステロールは、食生活の進歩や適度な運動で減らすことができますが、リピトールなどの薬は、生活習慣の逆転が困難な人を対象にした目的で使用されます。

リピトールは、コレステロールの合計値を押し下げることができる薬で、主に脂質異常症の治療に用いられます。生活習慣病のひとつに脂質異常症というものがあります。悪玉コレステロールが極端に多くなったり、逆に善玉コレステロール(H-download cholesterol)が少なくなったりする病気です。リピトールは中性脂肪の減少にも関与しており、スタイルに脂肪を蓄積させない悪い習慣の改善も期待できます。

コレステロールの完成に関わる酵素がHMG-CoA還元酵素であり、この酵素を阻害することにより、リピトールはLDLコレステロール値を下げる効果が期待できるのです。リピトールは、従来の脂質異常症治療薬の中でも悪玉コレステロールを下げる効果が高いため、通称「ストロングスタチン」と呼ばれているようです。リピトールの効果は、肝臓でのコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールの数値を下げることです。高コレステロール血症の購入者、家族性高コレステロール血症の治療に採用されています。

LDLコレステロールが付着している場所が傷つくと、血管の柵の内側に侵入し、酸化LDL(悪玉コレステロール)に変化する。血管をコブシで狭める血管障害を起こし、またある時は異常な作動口に血小板が一ヶ所に集中し、血栓(血液凝固)ができて血管を詰まらせます。リピトールは、アメリカの大手製薬会社が開発した、大きなコレステロール値を下げるための薬です。3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリル・コエンザイム-A還元酵素(HMG-CoA還元酵素)阻害剤であるアトルバスタチンを、米国の結晶化企業ランビアホールド(現ファイザー株式会社)が新たに合成した製剤であります。を発売しています。

スタチン系薬剤は、LDLを割り引く性質が強いかどうかで分類される「スタンダードスタチン系」と「ストロングスタチン系」に大別されます。リピトールの有効成分であるアトルバスタチンはストロングスタチンに属し、他のスタチンよりはるかに強力な作用があります。有効成分のアトルバスタチンは、薬理学的にはスタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)と呼ばれ、特に悪玉コレステロール(LDL)を減らす効果のある脂質異常症治療薬です。