アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジー の説明【通販 もえ薬局】

アジーは、クラミジア治療の主力薬であるジスロマックと同じアジスロマイシン主成分のジェネリック医薬品であり、同等の治療効果が期待されます。また、価格は先発品に比べ約半額というメリットがあります。ジスロマックにはない容量の「1mg」錠があり、1錠でクラミジアを治療することができます。クラミジアの治療薬として最も見識のあるものとして採用できるジスロマックは、500mg錠までしか服用できず、1回に2錠が必要です。”1mg錠のアジーの場合、これならさらに少ない回数で1回の服用でクラミジアを治療することができます。

アジーは性感染症以外にも、膀胱炎、歯周病、呼吸器、耳鼻科などに取り入れられており、肺炎や気管支炎などの呼吸器の接触感染、耳鼻科の接触感染、皮膚感染症とされるような広範囲の接触感染の治療に喜ばれ、インフルエンザなどのグラム陽性菌、細菌の二次感染、護衛 さらにアレルギー症状がほとんど出ないため、セフェム系抗生剤やペニシリン系抗生物質にアレルギーを持っているお客様にも処方することが可能です。

クラミジアに次いで多い接触感染症である淋菌感染症による淋病の場合、男性では尿道痛や激しい排尿痛、女性ではおりもの、香り、排尿痛の改善などの症状が見られます。クラミジアに対する効果としては、ジスロマックを108例に使用し、90.7%にクラミジア症状の発現が認められました。アジスロマイシンは、さまざまな細菌に有効です。マクロライド系抗生物質という新しいタイプの抗生物質で、抗菌作用だけでなく抗炎症作用もあると考えられています。

アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、タンパク質を生成する5つの器官であるリボソームに作用します。アジスロマイシンはリボソームに結合することで、リボソームの働きを阻害し、病気の原因となる細菌がタンパク質を合成するのを阻止します。この作用により、アジーは病気の原因となる細菌の増殖を抑制するのです。

アジーは、副作用の症状がほとんどなく、365日に1回、3日間服用するだけで効果が得られるため、服用しやすいのが特徴です。さらに、小児科の薬にも使用できる安全な薬として認められており、クラミジアにかかったことのある妊婦さんにも選ばれているため、とても人気のある薬です。今回もジェネリック医薬品として、先発医薬品のジスロマックよりも安価に購入することができます。

他のクラミジア治療薬が1日複数回、1週間ほど服用する必要があるのに対し、アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、1回1000mgの服用で10日間も抗菌効果が持続する、非常に長い効果持続性を持っています。アジスロマイシンは体内に長期間蓄積されるため、服用量を減らすことができ、飲み忘れを防ぐことができるのが特徴です。他の抗生物質に比べ、副作用は微妙で、下痢、腹痛、吐き気など、気軽なものがほとんどです。そのため、一部の薬剤を除いて他の薬剤との相互作用は少ないです。